Profile

Author:羽島 貝(hajima, kai)
1973年 東京生まれ
代表著書:羽島貝詩集『鉛の心臓』
日本詩人クラブ会員
日本現代詩歌文学館振興会会員
球体関節人形師

中年が詩を綴る日々。

Category
Mail

name:
mail:
title:
note:

Calendar
01 | 2017/02 | 03
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Search
Monthly archive
"Blog-tomo"

The Lamps of Heaven
Do you become a "Blog-tomo"?

この人とブロともになる

Link
QR
QR

コールサック88号の校正終了


201611031243107cd.jpg


本日、届いていたゲラの校正を終了。
詩誌評を担当することになったので
そちらも。

相変わらずの付箋の山。

無事終わって、一息。





素描LVI







隣家から流れてくる音楽に
ハミングした日






テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

素描LV







ゲームをするような感覚で
会話をする君に
自分は時々
ついていけない






テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

素描LIV







ぼんやりとした不安が
わだかまって
部屋の隅を転がっている






テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

真昼の灯台




考えなければならないことが
どっと押し寄せてきた時
のみこまれ
沈没し
浮上できなくなって
肺いっぱいに吸い込んでしまった
数々の事案を
ゲホゲホと吐き出しながら
なんとか岸辺へと打ち上げられた。

(灯台は
 真昼だというのに
 沖をさして明々とともっている)

なぜ

あの時自分は
己の感覚を
信じきれなかったのか

他者の指標は
結局のところ
自らの尺度とはなり得ない

(灯台は
 真昼だというのに
 沖をさして明々とともっている)

だが

後悔は臆病を作るかも知れずとも
二度と同じ轍を踏まぬ
模索の助けにもなるだろう


テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

その朝も、プラットホームで。




静かに
満ちるのを待っている

(時には戦略的に攻めなければならないことも
 あるやもしれないが)

夜に積もる雪のはかない音が聞こえるくらいに

(かつて掛けてもらった
 毛布の温もりを思い出しながら)

じっと
その時を待っている

数々の失った物や人や立場が
少しずつ
少しずつ
あるものはもう戻らず
あるものは帰ってきてくれた

(そうしてそれが多分
 元からの自分の許容量)

静かに
満ちるのを待っている

その朝も

プラットホームに立ちながら
そう
あともう少し

テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

『少年少女に希望を届ける詩集』に参加させていただきました。

shounenshoujo.jpg
アンソロジー詩集
『少年少女に希望を届ける詩集』
編者:曽我貢誠・佐相憲一・鈴木比佐雄
A5判/320頁/並製本 ISBN978-4-86435-258-1 C1092
定価:1,620円(税込)

羽島は第4章に収録していただきました。

テーマ:刊行案内
ジャンル:小説・文学

音楽が聞こえてこない




音楽が聞こえてこない

ソファの裏から
テーブルの下
冷蔵庫の中
昨日買ったばかりの
リンゴを割ってみても
けれど音楽が聞こえてこない

(飛ぶ鳥を見なくなった空で
舞う蝶を見なくなった野辺で)

走ってはとまるを繰り返す
まだ音楽は聞こえてこない

(路面を水滴が
 穿ち始める
 雨だ!)

僕はピアノを持っていないので
可愛いあの子に借りてみる

(そして黒鍵と白鍵の間を覗き込んでみる)

時に突っ伏した床板に
耳を押しあてて

でも音楽が聞こえてこない。

首から「音楽を探しています」と書いた
看板を下げて駅前に立ってみる。

(コインは幾枚か頂いけたけれど)

音楽が消えたこの世界で
僕はどうにも途方に暮れる



その時 遠くで聞こえ始める子どもたちのハミング



わずかな手がかりを掴んで
今。





テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

『海の詩集』に参加させていただきました。

uminoshishu_20160520202703469.jpg

アンソロジー詩集
『海の詩集』
編者:若宮明彦・佐相憲一
A5判/272頁/ソフトカバー ISBN978-4-86435-247-5 C1092
定価:1,620円(税込)

参加させて頂きました。羽島は第4章に載せて頂いています。




テーマ:刊行案内
ジャンル:小説・文学

素描LIII







見えなかった楽譜を
奏でる君のピアノは
絶大な自信と誇りに満ちて
どうにも僕を
責め苛んだ










テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

トップフォト7

袋田1

以前、学生時代の友人達とドライブ。
袋田の滝まで行ってきた。
これは、物見台への途中休憩所のような所で
パチリ。










テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

素描LII



君が
病院の待合室に流れる
音楽のような眼差しで
僕を見るので

たぶん









テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学