Profile

Author:羽島 貝(hajima, kai)
1973年 東京生まれ
代表著書:羽島貝詩集『鉛の心臓』
日本詩人クラブ会員
日本現代詩歌文学館振興会会員
球体関節人形師

中年が詩を綴る日々。

Category
Mail

name:
mail:
title:
note:

Calendar
12 | 2014/01 | 02
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Search
Monthly archive
"Blog-tomo"

The Lamps of Heaven
Do you become a "Blog-tomo"?

この人とブロともになる

Link
QR
QR

よしなしごと

仕事柄、様々な事件の経緯や解釈を目にする機会がある。

この仕事についたばかりの頃は、あまりにも生々しい裁判記録に、
怒りのあまり、たびたびトイレでもどしてしまうことがあったのだが
ようやく冷静に「過去の書類」として見れるようになってきた。

惨たらしい幼女誘拐強姦殺人や、医療関係事件の遺族の供述も、かなり、辛い。

救えた命を思い、事実を追う人々の記録に目を走らせると、腹の底から押し上がってくる塊が、喉をふさぐ。

以前、家庭裁判所の判事たちを綴った漫画が人から回ってきて読んだのだが、
せめて法廷が、このように穏やかであってほしいと、思った。

医療や治安、法廷。

怒りに負けて胃の中を戻すような脆弱な神経の自分では、
到底それら人の気持ちとまさに向き合う場所を働く地に選んだ方々のような強さを持つことは
出来ないのだが、心からエールを送りたい。


テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体