Profile

Author:羽島 貝(hajima, kai)
1973年 東京生まれ
代表著書:羽島貝詩集『鉛の心臓』
日本詩人クラブ会員
日本現代詩歌文学館振興会会員
球体関節人形師

中年が詩を綴る日々。

Category
Mail

name:
mail:
title:
note:

Calendar
05 | 2014/06 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Search
Monthly archive
"Blog-tomo"

The Lamps of Heaven
Do you become a "Blog-tomo"?

この人とブロともになる

Link
QR
QR

床屋政談

なんという否定を
なんと多くつかうのだろうか。

疑問形と否定形

このふたつで僕の思考が
成り立っていると言ってしまっても
君は同意せざるをえないはずだ。

くるったふりをして正気を示し
まともなふりをして狂気を表す

冷徹な無関心さを装って

問題への執着心を押しくるみながら。

テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

デッドライン

もしも自分が無力と感じたのなら

知識と
情報を手に
同志を探して
経験をその身に
そして心に

(日々の空想や妄想はエナジーだ)

一番大切なのは
自分が何をしたいのか

どうなりたいのかを見つけるといい。

僕の友人はみんな優秀だった
子供のうちから夢を持っていた。
ゴールゲートが明確であるならば
あとは道を見つけて地図を片手に歩くだけだ。

「才能や性格でスピードに差は出るけれど?」

僕の友人はみんな優秀だった
あっと言う間に先へと行った。
あちらこちらとふらつく僕は
クローバーを手にひとり路上に。

(取り残されても
 まあ
 仕方が無い
 のんびり屋が
 たまにはいたって
 いい
 と思う)

「ただし間に合うように」

とは恩師。

人生にはデッドラインというものがあるらしい!


続きを読む

テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

画集

同郷の友人に詩集を渡したら
詩集は画集みたいだね、と云われた。
自分もそう思ったことがあるので、
ああ、友人なのだなと思った。

変わってないな、お前らしい、とは幾人からも。

まあ収録作品自体、共に机を並べていた頃に書いていたものも在るので
と苦笑。



お前らしい。



とは詩を書く上で
何より嬉しいほめ言葉だ。

テーマ:詩・想
ジャンル:小説・文学