Profile

羽島 貝(hajima, kai)

Author:羽島 貝(hajima, kai)
1973年 東京生まれ
代表著書:羽島貝詩集『鉛の心臓』
日本詩人クラブ会員
日本現代詩歌文学館振興会会員
球体関節人形師

中年が詩を綴る日々。

Category
Mail

name:
mail:
title:
note:

Calendar
03 | 2017/04 | 05
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Search
Monthly archive
"Blog-tomo"

The Lamps of Heaven
Do you become a "Blog-tomo"?

この人とブロともになる

Link
QR
QR

汗ばんだシャツが、はりつく午後に。




そんな午後は
まともに思考など抱えてはいられない
声をなくして

もくもくと

(自分は機械だと言い聞かせながら)

たんたんと

(あるいはロボットぐらい上等でもいいと思い直し)

それでも
人である何かは欠けてこぼれ落としてしまったのは事実で

そんな午後は
靴の先で取り散らかした
自分の欠片をかき集めながら
汗ばんだシャツを引っぱり
もういちど

(せめてアンドロイドくらいの見てくれは保ちたい)

前髪を掻上げ

そんな午後を
放り出すことも出来ずに
抱えている。


テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

ダーク・ウォーター




耐えきれないほどの透明感を持った質量が
こちらへとどっと押し寄せてくる。
空気を押しわけ身体の隅々までを窒息死させ
なおかつその巨大な質量の下に圧し潰さんとする水。
肺いっぱいに広がりゆく冷たい感触が
薄ら青く朧気に暗い水の中で
自分を恐怖させる。

(もがいてももがいても水圧に締めつけられた肺は
 破れて水の入ったビーチボールのように頼りなく
 右か
 左か
 上か
 下か
 浮上しつつあるのか沈みゆくのか
 漂っているだけなのか
 何故こんな目に遭っているのか
 水面はあるのか
 果たしてそれは何処なのか
 近づきつつあるのか遠ざかっているのか
 自分はもうじき死ぬのか
 何時死ぬのか
 まだなのか
 今以上に苦しいのだろうか
 今以上に恐ろしいのだろうか
 だが
 今よりも苦しく恐ろしいことがあるのだろうか
 何時までこうしていなければならないのだろうか
 このぴったりと締めつけてくる水を
 引きはがすすべはないのか
 もはや私は見捨てられたのだろうか)

「何に?」

水は神が創り出した物だと
これほど実感したことは無い



テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

プレー




蹴飛ばされてきた噂を
うまくトスしてパスしたならば
しめやかな観衆がにわかにわきたつが
自分の胸の中は
なぜだか
ゴミ収集車に回収されたばかりの
ポリバケツのようで
臭い吐息が漏れるこの口に
ぴたりと合うフタを探す毎日



テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

素描LVII




ののしりの言葉が
いくらでもわいてくる夜は
眠ってしまおう
犬のように
まるくなって







テーマ:自作詩
ジャンル:小説・文学

近況




バタバタしておりました。

その間にも、詩誌コールサックさんの方で詩誌評を
書かせて頂いておりました。

まだしばらくバタバタが続きそうです。

4/28放送のしながわてれびに、出演予定。
会社が早退できれば、なのですが……