晴れた日

Category : 現代詩







眼帯をした僕に会いに来た君も眼帯をしていた。
僕が右目で君が左目だったので
二人はまるでお互いの鏡のようだった。

どんな時でも
僕が君を思うほどには
君は僕のことを気にしてはいなかったようだ
どちらが正しい友愛であるのかはわからないが。

担いで煙から逃げている。
担いでいるのは僕
君は失神していた。
けれど窓から飛び降りた僕の下に
ぬるま湯をはったバスタブを置いたのは
あれは確かに君であった。

どんな時でも
君が僕に優しいほどには
僕は君に優しくは出来なかったようだ
優しさのあるべき形がどのようであるかは知らないが。

それでも僕らは友人であった。

君が最初に
「友達だろう?」
と臆面もなく言い切ったときから
僕はすっかりその言葉に依存して
君の友人であると安心している。










関連記事

テーマ: 自作詩
ジャンル: 小説・文学

Profile

羽島 貝(hajima, kai)

Author:羽島 貝(hajima, kai)
1973年 東京生まれ
代表著書:羽島貝詩集『鉛の心臓』
日本詩人クラブ会員
日本現代詩歌文学館振興会会員
球体関節人形師
Twitter→羽島貝@hajima_kai

中年が詩を綴る日々。

Category
Mail

name:
mail:
title:
note:

Calendar
09 | 2017/10 | 11
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Search
Monthly archive
"Blog-tomo"

The Lamps of Heaven
Do you become a "Blog-tomo"?

この人とブロともになる

Link
QR
QR